短期間でできる花粉症対策

最新情報

花粉症に良い食べ物とは?

花粉症に良い食べ物は、何があるのでしょうか?
前の記事にも書きましたが、漬物は良いですね。
植物性の乳酸菌ですから、効果があります。


他に、DHAやEPAを含む食品も良いようです。
具体的には、青魚ですね。
DHAやEPAは頭を良くする成分としても注目されていますね。


あとは、お茶ですね。
甜茶や緑茶などに含まれるポリフェノールは、
抗ヒスタミン作用や抗酸化作用があり、鼻の粘膜を修復してくれるようです。


また、最近、注目されているのが「なたまめ茶」ですね。
なたまめとは、刀豆とも書き、マメ科の一年草で、漢方薬でも使われているものです。
詳しくは、以下の刀豆ナタマメ教会のサイトをご覧ください。


http://www.natamame.org/

 

歯周病や蓄膿症に効果があるとされていますね。


他には、ミカンなどの柑橘類も良いみたいです。
これも、抗ヒスタミン作用や抗酸化作用があります。
ただし、ビタミンCは熱で壊れてしまいますので、
生を食べるのが良いみたいです。


また、イモ類やヨーグルトなども良いみたいです。


花粉症は一度なったら治らないと言われていますが、
症状を改善することはできます。


いろいろ試して、自分にあったものを見つけてください。

花粉症に頭痛が伴うことがあるのか?

花粉症患者の方には、ときどき頭痛を訴える方もいます。
でも、本当に花粉症に頭痛を伴う症状はあるのでしょうか?


結論から言うと、まったく関係はないことはないと思います。
花粉症は、主に目や鼻に症状が出ますが、
鼻の影響が頭痛につながることは珍しくありません。


例えば、鼻に水が入るとツーンとすると思いますが、
このときに、頭痛のような状況になることがありませんか?


鼻の刺激は頭に繋がっているのです。


鼻の粘膜が炎症を起こしていたりすると、軽い頭痛が起こることがあります。
気になる方は、耳鼻科にかかることをお勧めします。
花粉症による頭痛なら心配はいらないと思いますが、
ほかの原因の可能性もありますので、専門家に診てもらってください。


さて、もし、原因が花粉症だとわかれば、花粉を体から取り去るのが一番良いと思います。
そのためには、体全体を洗うことです。
服を着替え、シャワーを浴びます。
このときに、目も鼻もよく洗ってください。


目を洗うと良くないと言われますが、流す程度ならOKです。
花粉がついているほうが花粉症には悪いですから、
軽く洗い流してみてください。


花粉症は花粉のアレルギーですから、
できるだけ、花粉は取り去ったほうが良いのは当然でしょう。

花粉症の症状には頭痛を伴うものがあるのか?

花粉症患者の方には、ときどき頭痛を訴える方もいます。
でも、本当に花粉症に頭痛を伴う症状はあるのでしょうか?


結論から言うと、まったく関係はないことはないと思います。
花粉症は、主に目や鼻に症状が出ますが、
鼻の影響が頭痛につながることは珍しくありません。


例えば、鼻に水が入るとツーンとすると思いますが、
このときに、頭痛のような状況になることがありませんか?


鼻の刺激は頭に繋がっているのです。


鼻の粘膜が炎症を起こしていたりすると、軽い頭痛が起こることがあります。
気になる方は、耳鼻科にかかることをお勧めします。
花粉症による頭痛なら心配はいらないと思いますが、
ほかの原因の可能性もありますので、専門家に診てもらってください。


さて、もし、原因が花粉症だとわかれば、花粉を体から取り去るのが一番良いと思います。
そのためには、体全体を洗うことです。
服を着替え、シャワーを浴びます。
このときに、目も鼻もよく洗ってください。


目を洗うと良くないと言われますが、流す程度ならOKです。
花粉がついているほうが花粉症には悪いですから、
軽く洗い流してみてください。


花粉症は花粉のアレルギーですから、
できるだけ、花粉は取り去ったほうが良いのは当然でしょう。


 

花粉症に効く目薬とは?

花粉症用の目薬の選び方をご説明します。
まず、目薬は清涼感があるほうが効いたような気がしますね。
したがって、清涼感のあるものを選びがちになります。


しかし、清涼感が強いものというのは、
刺激も強い可能性が高いです。


なので、炎症のある方や粘膜の弱い方は、清涼感の弱い目薬がおすすめです。
例えば、ロート製薬のアルガード クリアマイルドなんかは、
清涼感も弱くおすすめですよ。


さて、最近、薬のネット販売が解禁になりましたが、
それ以上に心配なのが、海外の薬の輸入販売です。


気を付けていただきたいのですが、海外でOKなものが日本でOKとは限りません。
ダイエット薬で死亡事故なども起きていますね。


ネットで情報検索は大切ですが、海外の薬には手を出さないほうが賢明だと思います。

2013年3月16日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:花粉症 薬

病院での花粉症治療とは?

病院での花粉症治療ですが、いろんな方法がありますね。
内服薬を飲んだり、注射をしたり。
最新の方法だと、レーザーを使って治療法もあります。


花粉症の原因は、鼻の中のヒダ部分がアレルギー物質に反応し、炎症を起こすことです。
そこでレーザーを使って粘膜を焼くことで、炎症を起こさないようにする治療法が生まれました。
また、それでは、鼻の機能が損なわれてしまいますので、
ゆっくりと照射し、アレルギー反応を抑える治療法も生まれています。


技術はどんどん進化するものですね。


最近は医療の分野でレーザーがよく使われていますね。
レーザー脱毛やレーザーによる視力回復手術など。
これからの医療は、レーザー治療が大きなカギを握るような気がしています。


内服薬も、非常に種類が多いので、
花粉症に悩んでいる方は、まずは、病院を受診することをお勧めします。
市販薬の購入も悪くはありませんが、やはり、専門家。
ちゃんと診察してもらって、正しい治療法を提示してもらうほうが安心ですね。


以前の記事に書きましたが、注射だけは注意が必要です。
「たった1本打つだけで」という注射は副作用があります。
気を付けたほうがよいでしょう。


花粉症の注射治療は時間がかかるものと思ってあけば、
間違いはないでしょう。

相互リンク1

お世話になっている相互リンク先をご紹介します。

花粉症対策・予防法@ナビ
花粉症対策・予防法に関する情報をご紹介
 

【2013年花粉症対策】ヨーグルトから薬、注射、メガネ、花粉症症状まで解説

花粉症の知識や噂から対策グッズなど、花粉症の方必見!最新情報公開です。

花粉症対策用のメガネとは?

花粉症といえば、鼻が気になる方も多いと思いますが、それと同時に目がかゆくなる方もいらっしゃるでしょう。
そこで、おすすめなのが、花粉症対策用のメガネです。


顔の大きさなどにより、若干横に隙間はできるかと思いますが、
それでも、ずいぶんと効果はあるようです。


UVカットの効果を併せ持っているメガネも多いので、花粉症以外でもパソコンメガネとして使用することもできますね。

 

先ほど、書きましたが、横からは少し花粉が入ってきます。
なので、メガネをかけても、洗眼などはしたほうがよいでしょう。
洗眼は、市販の洗眼薬を使うとよいでしょう。
成分が目薬を薄めたようなものですから、目が傷つきません。


例えば、水道水だと、塩素を含んでいるので、角膜などを傷つける恐れがあると言われています。
また、目には涙の成分が出ているわけですが、それを洗い流してしまうので、
ドライアイのもとになるとも言われています。


ただ、ここからは、あくまで私の仮説に過ぎませんが、
私は実は、水道水で洗眼をしています。
体温と同じぐらい(37度)で洗面器にお湯を張り、
顔をつけて、上下左右に眼を動かしています。


昔は、子供がプールに入ったら、水道で目を洗ったものです。
しかし、その当時の人よりも今のほうがドライアイが多いのではないでしょうか?


たしかに塩素は角膜に悪いでしょう。
でも、人間の体はある程度、自然治癒力がありますし、そこまで危険なものとは思えません。
また、涙はなくなっても、また分泌されるはずです。
むしろ、なくなるほうが余分に分泌されやすくなります。


当サイトでは、あまり非常識なことは書きたくないので、市販の洗眼薬をおすすめしますが、
水道水でも、やっている人間もいるということが参考になれば幸いです。


ちなみに、温度を体温と同程度にしているのは、刺激が弱くて済むためです。
冬場の水などは冷たいですからね。

 

花粉症注射の副作用とは?

花粉症注射の副作用についてお話します。
花粉症治療に注射一本で症状を抑えてしまうものがあります。
ステロイド剤を使った注射ですが、副作用が懸念されています。


当たり前ですが、効果が高いものは、やはり副作用が強いわけです。
患者さん自身の副腎皮質の働きを抑制したり、女性では生理不順を来すなどの副作用があるので、耳鼻咽頭学会でも非推奨になっています。
そういう意味では、あまりやらないほうがよい治療法となると思います。


安全な花粉症の治療としては、減感作療法というものがあります。
これは妊婦さんでも行える安全なものです。


花粉症は、いわゆるアレルギー反応です。
アレルギーとは、外敵と勘違いして、抗体という体の免疫細胞が間違って攻撃してしまうことなのですが、
弱いアレルギー源となる細胞を注射することで、体に慣れさせるのが目的です。
ようするに、インフルエンザ等のワクチンに似た考え方ですね。


なので、安全なんですが、何度も注射を打たないといけないデメリットがあります。
また、花粉症といっても、アレルギーの種類があるので、
すべてに効果がある保証がありません。


手間は、かかりますが、根本的に治る可能性もありますので、
医師と相談のうえ、取り組んでみてはいかがでしょうか?

花粉症に効く薬

花粉症に効く薬ですが、いろいろと発売されていますね。
例えば、武田薬品の「ベンザ鼻炎薬」です。
花粉症は、風邪と違って、他人にうつす心配もありませんし、
熱が出たり、体がだるくなったりすることもありません。


したがって、鼻や目のアレルギー症状が緩和されれば、それで解決します。
花粉がなくなれば、症状は治まるわけですからね。


便座鼻炎薬などの市販薬は、現在の症状を緩和する対症療法薬です。
したがって、今年、薬で治ったら、来年は飲まなくても大丈夫かといえば、
そうではありません。
毎年飲み続ける必要があります。

 

それでも、症状が治まるなら、価値があるのではないでしょうか?
風邪の場合、例えばむやみに熱を下げてしまうと逆に風邪の治りが遅くなりますね。
でも、花粉症なら、症状は抑えたほうがよいのです。


お医者さんに行くと、処方薬を出してもらえます。
基本的には、どちらも効果に大きな違いはないでしょう。
ただ、耳鼻咽頭科に行けば、花粉症以外の症状だった場合もわかりますし、いろいろとアドバイスももらえますね。
これは、薬局で薬剤師に効くよりも的確でしょう。


また、保険がききますから、負担も3割程度で済みますね。
そう考えると、病院に行ける余裕があるなら、病院で診てもらうのがよいのではないでしょうか?

2013年3月12日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:花粉症 薬

花粉症に効果のある漬物は?

さて、前回の記事で花粉症には漬物が効果があると言いました。
では、どんな漬物でも効果があるのでしょうか?


最近は、浅漬けなど、調味液に漬けただけのものもあり、当然効果はありません。
効果があるのは、乳酸菌ですから、実際に発行している必要があります。
沢庵、柴漬け、すぐき漬けなどですね。


さて、問題は、私の兄のように漬物があんまり好きじゃない人です。
そういう方はどうなんでしょうか?


実は、カゴメさんから良い飲料が出ています。
その名も「植物性乳酸菌ラブレ」です。


見た目はヨーグルトに似ていますが、実際は果物などを原料としています。
つまり、逆にヨーグルトが苦手な方でも、さわやかな飲み口で飲みやすいと思います。


興味のある方は、一度飲んでみてくださいね。


また、どうしても合わない方には、タブレットタイプも出てきます。
これなら、お出かけ先でも気軽に食べることができますね。


植物性乳酸菌は、免疫力を高めますので、花粉症以外にも効果は期待できます。
沢山、飲んだから効果が倍増することはありませんが、
毎日、少しずつ飲んでおきたいものですね。