花粉症注射の副作用とは?

花粉症注射の副作用とは?

花粉症注射の副作用についてお話します。
花粉症治療に注射一本で症状を抑えてしまうものがあります。
ステロイド剤を使った注射ですが、副作用が懸念されています。


当たり前ですが、効果が高いものは、やはり副作用が強いわけです。
患者さん自身の副腎皮質の働きを抑制したり、女性では生理不順を来すなどの副作用があるので、耳鼻咽頭学会でも非推奨になっています。
そういう意味では、あまりやらないほうがよい治療法となると思います。


安全な花粉症の治療としては、減感作療法というものがあります。
これは妊婦さんでも行える安全なものです。


花粉症は、いわゆるアレルギー反応です。
アレルギーとは、外敵と勘違いして、抗体という体の免疫細胞が間違って攻撃してしまうことなのですが、
弱いアレルギー源となる細胞を注射することで、体に慣れさせるのが目的です。
ようするに、インフルエンザ等のワクチンに似た考え方ですね。


なので、安全なんですが、何度も注射を打たないといけないデメリットがあります。
また、花粉症といっても、アレルギーの種類があるので、
すべてに効果がある保証がありません。


手間は、かかりますが、根本的に治る可能性もありますので、
医師と相談のうえ、取り組んでみてはいかがでしょうか?

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kahun.justice4five.com/mtos/mt-tb.cgi/10

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)