花粉症対策用のメガネとは?

花粉症対策用のメガネとは?

花粉症といえば、鼻が気になる方も多いと思いますが、それと同時に目がかゆくなる方もいらっしゃるでしょう。
そこで、おすすめなのが、花粉症対策用のメガネです。


顔の大きさなどにより、若干横に隙間はできるかと思いますが、
それでも、ずいぶんと効果はあるようです。


UVカットの効果を併せ持っているメガネも多いので、花粉症以外でもパソコンメガネとして使用することもできますね。

 

先ほど、書きましたが、横からは少し花粉が入ってきます。
なので、メガネをかけても、洗眼などはしたほうがよいでしょう。
洗眼は、市販の洗眼薬を使うとよいでしょう。
成分が目薬を薄めたようなものですから、目が傷つきません。


例えば、水道水だと、塩素を含んでいるので、角膜などを傷つける恐れがあると言われています。
また、目には涙の成分が出ているわけですが、それを洗い流してしまうので、
ドライアイのもとになるとも言われています。


ただ、ここからは、あくまで私の仮説に過ぎませんが、
私は実は、水道水で洗眼をしています。
体温と同じぐらい(37度)で洗面器にお湯を張り、
顔をつけて、上下左右に眼を動かしています。


昔は、子供がプールに入ったら、水道で目を洗ったものです。
しかし、その当時の人よりも今のほうがドライアイが多いのではないでしょうか?


たしかに塩素は角膜に悪いでしょう。
でも、人間の体はある程度、自然治癒力がありますし、そこまで危険なものとは思えません。
また、涙はなくなっても、また分泌されるはずです。
むしろ、なくなるほうが余分に分泌されやすくなります。


当サイトでは、あまり非常識なことは書きたくないので、市販の洗眼薬をおすすめしますが、
水道水でも、やっている人間もいるということが参考になれば幸いです。


ちなみに、温度を体温と同程度にしているのは、刺激が弱くて済むためです。
冬場の水などは冷たいですからね。

 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kahun.justice4five.com/mtos/mt-tb.cgi/12

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)